花祭壇

月の花

納棺花

花を御霊前にお供えしていただくということは、御霊前への供養、
また、荘厳の意味だけでなく、お供えしていただいた花に神仏が依代として招来し
その周辺を聖域となす、とも云われております。
また、花は四季を巡って生き、次の四季に蘇って生き続ける永遠の命のシンボルとして
花をお供えすることで、故人の永遠の命を願うという意味もございます。

納棺花
納棺花
納棺花
納棺花
納棺花